富士市立中央図書館

湯らぎの里の後は久しぶりに図書館に寄ってみました。

2、3年前はけっこう通ってたんですよね。

その頃読み漁ってたのは、高嶋哲夫とか関口尚とか恩田陸とか東野圭吾あたりだったかな。


今日の目的はこれです。

b0391788_19553796.jpeg


印象派美術館

4部に分かれていて500ページもあるから、2ヶ月くらい前から読み始めたけど、なかなか読み切れませんw

行くたびに最初から読むみたいな。

b0391788_19595276.jpeg


印象派の説明はここでは割愛しますけど、とにかく中学生の頃から印象派の絵画が大好きで、
中学生の時はスーラ

b0391788_20034031.jpeg


点画で有名ですね。
仲間でエリアを割り振って描いたな。




高校時代はジャン=フランソワ・ミレー

b0391788_20044777.jpeg


バルビゾン派ですね。

高校3年生の時、山梨県立美術館が「種まく人」を1億円で落札したってニュースがあって、もう行きたくて行きたくて。

大学生になって中型バイクの免許取って、さっそく行きましたとも。

もちろん、種まく人の絵画には感動したけど、一番印象に残ったのは、ミレーの奥さんの肖像画、「ポーリーヌ・V・オノ」だったかも。

b0391788_20245735.jpeg


構図的や肌の色合いとか、モナリザを参考にした?って話もあります。

お土産に6号サイズくらいにプリントされたキャンバスを買ったなー。


ミレーで一番大好きな絵画はやっぱり「落穂ひろい」かな。
b0391788_21092296.jpeg


ずっと牧歌的な雰囲気が好きな理由だったんですけど、違う意味合いを見つけて、なるほどなーって思いました。

絵は深いね。



あと、印象派で好きな画家は、マネとか、

b0391788_20391249.jpeg


モネとか、

b0391788_20413421.jpeg


ルノワールとか、

b0391788_20450757.jpeg


あと、ゴッホとかも初期の頃は印象派の絵を描いていたんですよね。



ちなみに、印象派ではないけれど、好きな画家って言うと、マリー・ローランサンかな。

b0391788_21171017.gif


今は亡き、富士宮にあった富士美術館で、マリー・ローランサン展が開催されたんです。

時代に沿って順番に飾られたんですね。

マリー・ローランサンって言うと、わりとパステル調の淡い絵を思い浮かべるんですけど、激動な時代を生きたマリー、時代によって色が全然違うんですね。

赤とか黒とか使ってましたからね。

絵に心が乗り移ったのかな?って思うくらい。


絵画はいろいろ楽しいです。


アコースティックギターも復活したから、油絵も復活してみようかな。

でも、ギターと違ってお金かかるからなー。

ギターは一通り揃えれば、あとは弦の心配くらいだけど。

油絵つったら、まずはキャンバス代、絵の具にオイル、筆もいくつか用意しなきゃ。

描けば描くほど常にキャンバス代と絵の具にオイルはお金がかかる、当たり前だけど。

でも、も一度キャンバスに向かってみたいかな。




[PR]
by suzysierra | 2018-08-17 15:30 | 絵画 | Comments(0)

ジムニーシエラとジム、あとは食べ物、たまにチャリとかかな。


by かず
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30