ランニングのお供 part.2

前回、ランニングマシンで走りながら聴くライブのお話をしました。
dire straits の。

ほとんど dire straits オンリーで走るんですが、たまに気分転換で一曲だけのライブを聴く時もあります。

今夜は何曲かある、めっちゃ大好きな曲のライブの中から一曲を紹介したいと思います。


PABLO CRUISE
サーフ・ロックの先駆けですね。

b0391788_09040065.jpeg



あっ、サーフ・ミュージックと言ったら BEACH BOYS を思い浮かべる方が多いかと思いますが、彼らはどっちかというとサーフ・ポップ系かと個人的には感じるので、あえてパブロクルーズをサーフ・ロックの先駆けとさせていただきました。


で、このパブロの一番大好きな曲。

「Zero to Sixty in Five」

日本で発売された時の邦題は「フリー・ライド・サーファー」



聴いたことある方もたくさんいると思います。

この曲はサーフィン映画に使われましたが、そのイメージからなのか、序盤のマイナー調の曲の進行時には良い波を求めてパドリングしている光景が思い浮かばれます。

そして1分30秒を過ぎてからの盛り上がり、ボードに乗ってビッグウェーブを乗りこなしてる感じですかね。


このライブで鳥肌が立ったのは、コリー・レリオスのピアノです。

ギターもドラムもベースも文句の付けようがないんですけど、このピアノの弾き方はたまりません。
クラシックの素養もある人なのかな?

自分は全くキーボードの経験はないのですが、こんな風に弾けたらめっちゃ楽しいんだろうなーって思います。

続く







[PR]
by suzysierra | 2018-09-06 00:10 | 音楽 | Comments(0)

ジムニーシエラとジム、あとは食べ物、たまにチャリとかかな。


by かず
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30